トータルステーションクラウド

トータルステーションクラウド

トータルステーションの計測する3次元座標データをクラウド上で管理することが可能です。現在は距離・角度の計測に加え、変位計測が可能な自動追尾型トータルステーションと、測角精度1″、測距精度(1mm+1ppm ※シートプリズム使用時)の高精度で三次元測定が可能な高精度3Dステーションの2タイプに対応し、工種やシーンに合わせて最適な機種をお選びいただくことができます。

仕様

自動追尾型トータルステーションTCA1800の仕様

メーカー ライカジオシステムズ(株)
対物レンズ有効径 42mm
倍率 30×
最短合焦 1.7m
視野 1°33′
レクチル照明 明/暗 切り替え式
測角方式 アブソリュート方式
角度の単位 360°′″、360dec、400gon、V%、6,400mil
最小表示 1″
精度(DIN18723) 1″
自動補正装置 2軸同時補正一体型
範囲:3′47″、精度:<0.3″
気象条件 A 視程が20km程度で、薄くもやがかかり、かげろうがわずかに出ている状態
光波距離計 1素子プリズム(A) 2,500m
360°プリズム(A) 1,300m
測距精度 ファイン2mm+2ppm
最小表示 1mm
測定時間 ファイン3秒
バッテリー(タイプ/規格) GEB87(12V/1,100mAh)
GEB187(12V/1,800mAh)
電圧/容量 10-16V(外部電源)
測距回数 約600回
充電時間 急速充電器で約1.5時間

三次元計測システムMONMOS NET1の仕様

メーカー (株)トプコンソキアポジショニングジャパン
望遠鏡方式 全周回転、測距測角追尾同軸光学系
倍率 30×
分解力 2.5″
視野 1°30′(26m/1,000m)
最短合焦距離 1.3m
測角方式 アブソリュート・ロータリーエンコーダ方式
水平角・垂直角とも対向検出
最小表示 (水平角・鉛直角共) 0.1″/0.5″
精度 ※1 (水平角・鉛直角共) 1″
2軸自動水準補正機構 液体式2軸傾斜センサー方式
補正範囲±3′
光源 同軸型レーザー光変調式位相差測定方式
測定可能範囲 ※2 【1素子AP反射プリズム】1.3~3,500m
【CPコンパクト反射プリズム】1.3~1,000m
【反射シート(RS50N-R、正対時)】1.3~300m
【ノンプリズム ※3】0.5から200m ※4
測距最小表示 精密測定・高速測定:0.0001m/0.001m選択可
トラッキング:0.001m
測距精度 ※5 【AP/CP反射プリズム使用時】(1.5+1ppm×D)mm
【反射シート使用時(正対時)】(1+1ppm×D)mm
【ノンプリズム時 ※3】(3+1ppm×D)mm ※4
測距時間 ※6 精密測定 0.9s毎(初回2.4s未満)
高速測定 0.6s毎(初回2.0s未満)
トラッキング 0.4s毎(初回1.3s未満)
防塵・ 防水性能 IP64(JIS C 0920)準拠
(RS-232Cまたは外部電源コネクタ接続時もIP64を保持)
使用温度範囲 -10~+50℃
保存温度範囲 -30~+70℃(結露しないこと)
電源 7.2V DC
連続使用時間 標準着脱式バッテリーBDC58(Li-ion、4.3Ah)
約3時間
30秒ごとに180°回転、自動視準、精密単回転測距、気温20℃
横軸高 整準台底面より236mm
寸法 201(W)×202(D)×375(H)mm(ハンドル、バッテリー含む)
重量 7.6kg(ハンドル、バッテリー含む)

※1 JIS B7912-3:2006準拠、JSIMA 101:202適応区分A
※2 気象条件良好(もやがなく視程が約40km、曇っていてかげろうがない)。
※3 反射率90%の白色面(コダックグレーカード)使用時。ノンプリズム測定時の測定可能範囲・精度は、測定対象物の材質・反射率および周辺状況により変化します。
※4 測定面照度が30,000lx.以下の場合(雲天時など)。
※5 D=測定距離(mm)、JIS B7912-4:2006準拠、JSIMA 102:2002適応区分A
※6 ノンプリズム測定時の測距時間は、測定対象物の材質・反射率および周辺状況により変化します。

よくある質問と回答

トータルステーションクラウドに関するお問い合わせ

お問い合わせはこちら 資料ダウンロードはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-985-368 0120-985-368

[受付時間] 平日9:00〜18:00