車両検知システム「カーデル・カークル」の画像

車両検知システム「カーデル カークル」

車両や通行人に車両等の接近を検知し、回転灯や電光板から発報によって注意を促す、技術提案・安全対策に最適なシステムです。
検知センサーユニットと警告発報ユニットの間はワイヤレスで接続されるため、現場の状況に合わせた柔軟な設置が可能となっています。

NETIS登録番号:HK-110022-VE

更に詳しい情報が満載。スペシャルサイト公開中!
車両検知システム「カーデル カークル」簡単設置へ

ソーラーバッテリーとワイヤレス接続の採用で、複雑な配線や設定が不要なことから、道路工事など工事箇所が移動する現場であっても。移設や再設置の負担が最小限に抑えられます。

車両検知システム「カーデル カークル」タイプ選択へ


車両検知システム「カーデル (作業現場内・低速車両検知用)」

工事現場出入口付近の一般車両や通行人に対して、現場から工事車両が進行していることを知らせるシステムです。
簡易性・可搬性に優れ、場所を選ぶことなく簡単に交通安全対策をおこなうことができます。

車両検知システム「カークル(現場外設置・一般車両検知用)」

工事現場から出る車両の運転手に対して、出入口に接近する通行人や一般車両の接近を知らせるシステムです。
見通しの悪い急カーブ等に取り付けることで交通事故の減少に繋がり、地域住民へのイメージアップとしても活用することができます。

車両検知システム「カーデル・カークル」電光版と連動

カーデル・カークルは標準装備のサイレン付き回転灯のほか、オプションで電光掲示板と連動させることもできます。
光や音による注意喚起よりも、文字による詳細な注意喚起ができるという点で、より具体的な安全対策を行うことができます。

車両検知システム「カーデル カークル」システム概要イメージへ

SUMMARY

システム概要イメージ





遠隔監視カメラ「ミルモット」施工事例写真

施工事例写真

  • 河川災害復旧工事(カーデル)

  • 河道掘削工事(カーデル)

  • 道路改良工事(カーデル)

  • 橋梁補修工事(カークル)

  • ダム堤体建設工事(カークル)

  • 防波柵設置工事

車両検知システム「カーデル カークル」主な仕様へ

TECHNICAL SPEC 主な仕様

車両検知部センサーの仕様

システム名 カーデル カークル
検出方式 パッシブインフラレッド方式 近赤外線ビーム遮断方式
検出距離 1m〜5m 1m〜10m
質量 約220g(取付金具除く) 約430g(取付金具除く)
外形寸法 H171×W77×D70mm(取付金具除く) H170×W73×D72mm(取付金具除く)
設置必要数 センサーA、Bの2台

車両検知部センサーボックスの仕様

システム名 カーデル カークル
定格電源電圧 DC12V DC12V
消費電流 180mA以下(パトランプ未接続時) 850mA以下(パトランプ未接続時)
使用温湿度範囲 −10〜50℃、85%RH以下(結露しないこと) −10〜50℃、85%RH以下(結露しないこと)
電波到達距離 約100m(見通し距離) 約100m(見通し距離)
警報出力 12V用パトランプ電源 12V用パトランプ電源
防水性 IP65相当 IP65相当
質量 約5.0kg 約5.0kg
外形寸法 H400×W300×D200mm(突起部含まず) H400×W300×D200mm(突起部含まず)

車両検知部反射板(カークル)の仕様

設置必要数 センサーA、Bに対応した2台
質量 約490g(取付金具除く)
外形寸法 H232×W93×D100mm(取付金具除く)

記載されている計測器・仕様等は断りなく変更する場合がございます。ご了承ください。