インフォメーション&ブログ

インフォメーション&ブログ

カテゴリー:水位計測

水位計測 2017.12.22

水位計は投げ込み式ではなく、超音波式の方がマッチしていると思うのですが。

標準品として取り扱っている水位計は投げ込み式のみとなりますが、 超音波式式の水位計にも対応しているので、その際は別途ご相談くださいませ。

詳細情報を見る
水位計測 2017.12.22

水位の値は水深ではなく、エレベーション(標高)として表示・記録したいのですが。

はい、可能です。 例えば水位計を取り付けた水深が60㎝だったとして、 その値を任意の値に変更し、そこからの水位変化を記録していくことができます。 例:実水深60㎝→0.6mと表示しそこからの水位変化を記録、実水深60㎝→141mと表示しそこからの、、、など。

詳細情報を見る
水位計測 2017.12.22

投げ込み式水位計のケーブルは何m程度延長できますか?

本センサーのケーブル長は、出荷時30mです。 延長可能距離は、ここからさらに20m(総延長50m)までであれば延長することができます。 総延長50m以上をご希望される際は、別途ご相談くださいませ。

詳細情報を見る
水位計測 2017.12.22

投げ込み式水位計は、どの程度の深さまで水中に入れる必要がありますか?

理論的に、最低水深3㎝から計測可能となります。 ただし、気温低下によりセンサー部に触れている水が凍結すると、凍結時の膨張圧力によりセンサーが破損してしまいます。 季節にもよりますが、適切な水深としては「冬季においても凍結の影響が及ばない程度の水深」が安全といえます。

詳細情報を見る
水位計測 2017.12.22

どのように設置するのですか?

まず、水中に水位計を一定の深さまで沈め、そこで動かないように固定してください。 (単管に抱かせられるように、出荷時は保護鋼管およびクランプを付帯しています) 次に、水位計の信号ケーブルを当社ロガー部に接続すれば取り付け完了です。

詳細情報を見る
水位計測 2017.12.22

投げ込み式水位計とはどういうものですか?

投げ込み式水位計とは、簡単にいうと水圧を電気信号に変換し、データロガーに送る仕組みとなっています。 そのため、計測部分であるセンサー部を水中に取り付ける(沈める)ことによってはじめて機能するセンサーです。

詳細情報を見る