コンクリート養生温度管理

NETIS登録番号 : HK-100021-VE

おんどロイドとは

専用の小型センサー(温度、湿度等)が計測するデータを無線で定期的に収集し、専用のクラウドサーバーに送信して、パソコンやスマートフォン等で、離れた場所から計測データ等をいつでも確認できるようになります。
計測データごとに警戒値を設定可能で、計測データが警戒値を超えると、担当者にメールで通知できます。回転灯等の警報装置と接続することで、警戒値に連動させて作動させることもできます。
「モバイル式コンクリート養生温度管理システム」としてNETIS登録されていますが、計測対象はコンクリートに限らず、本製品を使って温度計測・湿度計測する場合はどんな現場でもNETIS対象技術として活用できることから、総合評価落札方式による国土交通省の直轄工事において、技術提案などに最適です。自治体や民間の工事においても、コンクリートの品質管理等で高い人気を誇ります。

資料請求

お見積もり相談

利用イメージ

おんどロイド親機を介して、小型センサー(子機)の計測データが専用のクラウドサーバーに記録・保存されます。ユーザーはクラウドサーバー上で動く管理画面を見ながらデータを出力したり、おんどロイド親機に接続された警報設備等を作動させることもできます。

主な機能・特徴

POINT1

どんな現場にも設置可能

使用するタイプにもよりますが、基本的に独立電源があれば稼働し、携帯電話と同じモバイルデータ通信網とつながっているため、電柱等から電源や通信のケーブルを引き込むような配線工事が不要で、電波のあるエリアであれば場所を選ばず、どんな現場にも設置できます。

POINT1

回転灯などの発報機器との連動が可能

付属の回転灯のほか、さまざまな発報機器を自動的に作動させることができます。

POINT1

独立電源による運用が可能

機器構成が低消費電力であるため、ソーラー電源や燃料電池といった独立電源を使って現場の計測を行うことができます。

POINT1

衛星通信に対応

通信が行き届いていない場所では、モバイル計測を行うことはできませんが、上記衛星通信に対応させることで、いかなる場所においても計測を可能としました。範囲は広く、日本全土から海上約200海里にいたるまで、障害物がなく且つ南の方角が広く見渡せる場所であれば、国内のいずれにおいてもモバイル計測を行うことができます(一部の離島を除く)。

POINT1

トンネルや地下空間で利用可能

トンネル内など、上空が遮られた環境下でのモバイル計測は、衛星通信であってもできません。 そのようなときは「無線で送られる信号を有線に変えて送る」という方法があります。ケーブルの延長可能距離は2㎞まで。長さにこそ限度はありますが、有線だけにデータ通信の安定性やコスト面では優れています。

管理画面機能

一覧性の高い管理画面


ログイン後、すぐに表示されるのはグラフ画面。状況の変化がたとえわずかであっても、感覚的にわかる、気付くことができるよう視覚情報を優先して表示します。次に、各子機のデータ数値表示をグラフ下に配置。視覚だけでなく定量的な把握もしやすいよう、利用者目線に合わせる工夫と、誰が見ても直感的に理解のできるインターフェースを追求しました。
さらに「Aという項目だけを画面表示し、Bは表示しない」「グラフの線の太さや色を変える」「項目の並び順を変える」といった表示選択機能が備わっています。これは、現場におけるスポットの変化を確認したいときや、優先度の高い子機データだけを集中監視したいときなどに便利な機能です。

イベント設定機能


イベント設定機能により、計測状況に気を取られることなく目の前の業務に注力することができます。
本機能はお客様にとっての「目」です。「警戒値を超えたら自動でメール送信する」「自動で回転灯を作動させる」というように、次なる行動を促してくれます。
例えば「子機が5℃を下回った(上回った)ときにだけメール送信する」「子機3台に対し、それぞれに異なる警戒値を設定する」など、監視しておきたい子機にイベント設定をしておくだけで、管理業務の負荷軽減に貢献します。

データの差分監視機能

計測データが時間とともに増減することが分かっている場合、その変化量が一定の範囲内に収まっているかを管理するのに有効な機能です。ある時間からある時間までの計測データの差。この差が一定の時間内でどのように変化したかを監視し、メール送信および回転灯を作動させることができます。
従来の「警戒値に対してどうであるか」という単純な見方ではなく、時間軸を持った監視となります。そのため、コンクリート養生をはじめとした時間が考慮されるような品質管理に適しています。任意の時間内で一定の温湿度範囲を保ちたい、また短時間での急激な温度(湿度)変化による影響を警戒したいシーンなどに活用ください。※本機能で連動可能な回転灯は「事務所(遠隔)パトランプ」のみです。


データの比較監視機能


コンクリート中心部と表面部の温度差や、ある空間内の温度(湿度)ムラを視覚化したいときなどに有効な機能です。子機同士のデータを比較・監視し、あらかじめ設定した値よりも、その差が大きく(小さく)なったことを監視・検知することができます。
具体的には「子機Aと子機Bの温度差が3℃以下に縮まった(3℃以上開いた)ときにメール送信」といったことができます。回転灯との連動も同様です(※)。なお、クラウドサーバには、子機の計測データだけでなく、これら比較データも記録・保存されます。
※本機能で連動可能な回転灯は「事務所(遠隔)パトランプ」のみです。

子機の電池残量表示・アラートメール機能


便利な無線ソリューションであっても、離れているときの「機器が安定的に稼働しているか」という不安は常に付きまといます。そこで本アプリケーションでは、おんどロイド各子機の計測データだけでなく、それらの電池残量も併せて表示しています。
これにより、遠隔地においても子機の電池残量がいつでも把握でき、適切なタイミングで電池交換を行っていただけます。電池が切れる前に交換することで、大切なデータが失われる事態を未然に防ぐことができます。さらに、電池残量が一定量を下回ったことをメールでお知らせする機能も備えています。本アプリケーションの標準装備であり、万が一のときの保険の役割を期待できます。ぜひご活用ください。

ダウンロードファイルは用途に合わせて


ダウンロードできるファイルにおいて、グラフは画質劣化のないpngファイルまたは圧縮率の高いjpegファイル、リストは汎用的なCSVファイルまたは生データのおんどとり形式から選択できます。また、全データから任意の期間に絞った抽出ができるので、ダウンロードの手間も掛かりません。

他社ソフトウェア用に記録データをエクスポート

計測データを他社製ソフトウェアに取り込める機能もあります。具体的には「おんどとり形式」を選択いただいた際のテキストファイルがそれにあたり、既存の他社製ソフトウェアへインポートできるようになっています。主なものとしては、建設系企業様のうち、デキスパート(建設システム社製)ユーザー様から、利便性の点で好評をいただいております。このように、おんどロイドで取得したデータを、もともと利用していたソフトウェアに統合させることで、現場の一元管理が可能となります。



仕様

おんどロイドとはの仕様

タイプ 通信モバイルステーション(白) 通信モバイルステーション(青)
メーカー (株)ティアンドデイ (株)ティアンドデイ
型式 RTR-500NW RTR-5W
対応機種 RTR-502
RTR-503
RTR-505-TC
RTR-502
RTR-503
RTR-52A
RTR-53A
通信方式(対子機) 特定小電力無線:ARIB STD-T67
(見通し約150m)
特定小電力無線:ARIB STD-T67
(見通し約100m)
通信方式(対サーバ) LTE/3G(docomo) LTE/3G(docomo)
電源 専用ACアダプタ(AD-0638) 専用ACアダプタ(AD-0605)
消費電流300mA
使用温度範囲 5~35℃ 5~35℃
使用湿度範囲 45~80%RH(結露しないこと) 45~80%RH(結露しないこと)
寸法 W102×D28×H83(mm)
(アンテナ部除く)
W102×D28×H83(mm)
(アンテナ部除く)
質量 約130g 約135g