技術提案事例

実際の書式で記述された、
無料でそのまま使える事例集

融雪設備据付時の安全対策について配慮すべき事項(風速計・サインロイド2)

クラウドロガー(NETIS登録番号:HK-100029-VE)を内蔵したサインロイド2を活用して風速を無人監視するシステムを導入し、風速の計測値があらかじめ設定した警戒基準値以上になった場合に、作業中止を知らせる警報を鳴らして危険を周知し、事態の早期対応を図る。 また、現地の風速データをマシーンラーニングにより局地的な気象の予測が可能となるため作業の変更や中止の判断を早めることにより、より安全な作業を行うことができる。

設置イメージ

  • 融雪時の風速計設置イメージ
    融雪時の風速計設置イメージ
  • サインロイド2設置イメージ
    サインロイド2設置イメージ
  • 風速計設置イメージ
    風速計設置イメージ
  • 風速計測 NETIS登録番号:HK-100029-VE

    現場の風速を離れた場所から安全に把握することができます。高所作業やクレーンの使用を伴う現場などの安全対策にお使いいただけます。

  • 非公開: サインロイド2

    環境データ計測システムを構成するクラウドロガー(NETIS登録番号:HK-100029-VE)を内蔵し、風速・雨量・水位などといった気象計測データをはじめ、騒音・振動・濁度・pH・伸縮・傾斜などといったアナログ計測データの表示にも対応した汎用LED表示板です。