3D地中変位クラウド計測システム

3軸重力加速度センサ(MEMS)を用いた3D地中変位計です。

地すべり、護岸、橋梁、トンネル、鉄道、液状化対策、ダムなど様々なシーンで、0.01mm(誤差±1.5mm)※1の精度で遠隔モニタリングが可能。
クラウド上ではドラッグで自由に動かすことのできる2D・3Dグラフを表示し、クラウド上に警戒値を最大2つまで設定することができる他、取得したデータをCSV形式で簡単にダウンロードすることができます。 
※1センサー長35mの場合

利用イメージ

3軸重力加速度センサ(MEMS)を用いた3D地中変位計です。

地すべり、護岸、橋梁、トンネル、鉄道、液状化対策、ダムなど様々なシーンで、0.01mm(誤差±1.5mm)※の精度で遠隔モニタリングが可能。
クラウドベースの管理画面上にドラッグで自由に動かすことのできる2D・3Dグラフを表示し、クラウド上に警戒値を最大2つまで設定することができる他、取得したデータをCSV形式で簡単にダウンロードすることができます。
※センサー長35mの場合

特徴

あらゆる方向に設置可能

他社製品のように鉛直設置はもちろんのこと、水平方向の設置を実現した革新的技術によって、1つの製品で縦でも横でもあらゆる方向に設置可能です。

鉛直設置(法面・切土・盛土の変位)

鉛直に設置することで、地すべりなどの地中の状態についてもモニタリングします。
シェイプアレイの形状の変化がデータに反映され、それぞれ安全レベルから警報レベルまでの遷移を
監視することができます。

水平設置(沈下計測・切羽先行変位)

鉛直に設置することで、地すべりなどの地中の状態についてもモニタリングします。
シェイプアレイの形状の変化がデータに反映され、それぞれ安全レベルから警報レベルまでの遷移を監視することができます。

曲面設置(トンネルの内空変位)

曲面に設置することで、トンネルの内空変位や沈下などの状態についてもモニタリングします。
シェイプアレイの形状の変化がデータに反映され、それぞれ安全レベルから警報レベルまでの遷移を監視することができます。

細い機器で自由度が高く素早く設置

自由度の高い設置を実現したことで、単一のセンサーで対応できる範囲が広がり、トータルコストの削減につながります。

センサーレイアウトは自由自在

外径が2cmと従来比2/3の細さを実現したセンサーは、ロープのような形状で非常に自由度の高い設置を可能としています。

加速度センサーの精度と分解能

【傾斜分解能】
±1秒角(±1/3600=±0.00027777°)

500mmピッチのセンサの場合の1秒角動いたときの変化量計算結果として
500mm・sin(±0.00027777°)=±0.002424000mm
500mm・(1-cos(±0.00027777°))= ±0.000000005876131581mm
※材質特性、外力、ノイズなどの影響は考慮せず。

【精度】
上記計算結果をソフト上で変換
(小数点以下3桁目を四捨五入して、有効数字を小数点以下2桁としている。)

0.01mm(誤差±1.5mm程度)
※鉛直設置35mの場合

楽々設置

最先端のシェイプアレイは、リールから繰り出し設置をする極めて簡単な設置方式を採用しています。
延長チューブとオプションのサイレントセグメントを使用するとセンサー位置を任意の範囲に柔軟に設置することが可能です。

採用事例

管理画面

2Dグラフ

1、2、3、5、7日前の計測した同時刻のデータを重ね合わせて表示が可能。
視覚的に日毎の変位状況が確認できます。

3Dグラフ

1、2、3、5、7日前の計測した同時刻のデータを重ね合わせて表示が可能。
視覚的に日毎の変位状況が確認できます。
ポインターをあてると、各センサー毎の計測データが確認できます。

3Dグラフ(真上から)

真上から確認することにより、どの方角にどの程度変位しているか容易に確認できます。

警戒値の設定

警戒値の設定が可能。
視覚的に警戒範囲を3D表示

関連ブログ記事

現場ロイド初の3D化!3D地中変位計を活用 ~前編~

今まではシンプルな折れ線グラフだったのですが、
グラフを3Dにすることで、計測器の動き(変位)を明確に視覚化することを可能としました。

では肝心のセンサ部分はどういったものなのか。
ここから「3D地中変位計シェイプアレイ」についてご説明していきたいと思います。

この記事を読む

仕様

製品仕様

セグメントの長さ 250mm、500mm、1000mm
(関節と間接の間隔)
設置 鉛直/水平/アーチ
適用 埋没・固定/繰り返し利用
ケーシングの内径 27mm、47~100mm
SAAVの長さ(標準) 150mまで(500mmセグメント)
50mまで(250mmセグメント)
30mまで(円形設置)
SAAVの長さ(特注) 標準を超える長さをご希望の場合はご相談ください
グラスファイバー製延長チューブの長さ 1~100m
通信ケーブル長 15m
初期値と比較した変形の標準偏差 ±1.5mm
1セグメントの分解能 ±1秒角

※ShapeArray本体仕様については下記、新川電気株式会社のWEBサイトに掲載された情報をご確認ください。
本ページとの記載内容の齟齬が生じた場合については、新川電気株式会社のWEBサイト側を正式なものとしてご採用いただくようお願いいたします。
ShapeArray製造元:Measurand – ShapeArray™: Deformation measuring and monitoring
ShapeArray販売元:3D地中変位計 (ShapeArray)|新川電機株式会社 (shinkawa.co.jp)

よくある質問と回答

3D地中変位クラウド計測システムに関するお問い合わせ

お問い合わせはこちら 資料請求

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-985-368 0120-985-368

[受付時間] 平日9:00〜18:00