遠隔臨場システム「 Gリポート」

遠隔臨場に特化したハンディ型モバイルコミュニケーションツールです。
国土交通省策定の試行要領(案)に記載された仕様を満たし、「段階確認」、「材料確認」、「立会」を遠隔で実施することに特化した機能によって、現場と隔地の円滑な相互コミュニケーションを実現します。
GリポートアプリをインストールしたAndroidスマートフォン、3軸ジンバル、ワイヤレスヘッドセットで構成され、スムーズな映像とクリアな音声で遠隔臨場を強力にサポートします。

本製品は株式会社中山組と共同で開発を行っています。

製品概要

・スマートフォンを起動後、自動的に専用アプリケーションが起動
・アプリから「接続」をタップするだけでPCとの接続を開始
・ブラウザからIDとパスワードでログインするだけで、検査側PCにソフトのインストール不要
・ワイヤレス機器で構成されており、撮影者の動きが制限されません

実際のコミュニケーションの様子

お客様事例:萩原建設工業様

北海道・帯広市に本社を置く萩原建設工業のGリポート活用現場を建設ITワールド様に取材いただきました。

お客様事例を見る

特徴

接続が簡単

Gリポートの使い方は非常に簡単です。
電源ボタンを押すと専用アプリケーションが立ち上がり「カメラ起動」を1タップするだけでPC側と接続されます。
撮影者は設定作業が不要で、取り扱い方法を覚える必要もなく、製品が届いたその瞬間から使うことができますので、初めての方でも安心してご利用いただけます。

高精細な映像と途切れにくい通信

画質はQVGA(320×240)、VGA(640×480)、HD(1280×720)、Full HD(1920×1080)から選択することができます。HD以上の画質ではメジャーの目盛をミリ単位まで視認可能です。
鮮明な画質により、離れた場所同士でも現場臨場と遜色のないコミュニケーションを実現します。

カメラの切り替えで表情を見ながらの対話が可能

Gリポートはインカメラとアウトカメラを自由に切り替えることができます。
検査対象物の撮影に使用する「アウトカメラ」から「インカメラ」への切替えはワンタッチで行えるため、接続開始時・検査終了時などには、撮影者自身の表情が見えることで、スムーズで安心感のある対話を実現します。

また、監督者側PCのカメラを利用した場合は、PC画面およびGリポートの画面に監督者の表情をピクチャインピクチャで表示することも可能となり、互いの表情を見ながら自然なコミュニケーションを行うことができます。

遠隔臨場に適した細かな画角調整が容易

遠隔臨場においては、メジャーの目盛りを確認する際などに㎜単位の識別が必要になることから、随時被写体に接近するなどして撮影する必要があります。Gリポートは電子制御の3軸ジンバルを採用することで、こうしたシーンで手振れを最小限に抑えながら自由度の高い画角調整や被写体への高い追従性を実現しています。

縦画面にも対応

移動時に両手を空ける必要がある、検査場所が極端に狭いなど、ジンバルを携行しにくい場合やスマートフォン単体で利用されるシーンを考慮し、縦向き画面に対応しています。手に持ちやすくなることで常に自然な態勢で検査業務を行うことができます。

ジンバルはポケットに収まるコンパクトサイズ

検査側はソフトのインストールが不要

検査側(PC側)の映像閲覧にソフトウェアのインストールは不要です。
WEBブラウザで管理サイトへアクセスし、専用のID・パスワードを入力して利用します。

スナップショット撮影

撮影画像は、撮影時刻の記録と検査側のカメラ画像が一緒に映るため検査記録として活用することができます。
撮影データは上記情報が一緒に映りこんだ画像で保存されます。データはお使いのPCのローカルストレージに保存されます。
クラウド録画中に撮影を行った場合は、PCのローカルストレージへの画像の保存と同時に、撮影時刻がクラウド上に記録され、撮影後の管理に役立ちます。

クラウド・ローカルストレージへの録画データ保存

任意のタイミングで録画が可能
データはクラウドに保存され、機器を問わず録画操作が可能です。
録画中は時間経過がわかるよう開始直後からタイマー表示・カウントが始まり、Gリポート側にも同期表示されるため録画中であることをお互いが認識できます。

■自動録画機能
録画は任意操作のほか、録画忘れを防ぐために接続が開始されると同時に録画を始める設定が可能。

■マーキング機能
録画中に気になる瞬間には、そこに印をつけられるようマーキング機能があります。
録画データには印を付けた時刻も記録されるため、確認時に印をクリックすることでその瞬間の映像まで簡単にジャンプすることができます。

オンライン編集

ファイル名の変更やトリミングも可能
ダウンロード前にはWEB上で動画ファイルの内容を確認し、ファイル名の変更や動画ファイルのトリミング(切り出し)を行うことができます。
検査内容や動画ファイルの録画時間・録画容量を確認できるため、必要な部分のみを保存する・ダウンロードするといった使い方が可能です。

国土交通省による指針に沿ったデータ保存仕様とするため、動画ファイルが500MBを超えていた場合に、クラウド上でファイルを500MB以内に分割保存することが可能です。

さまざまな使いかた

ジンバルの下部には付属の三脚を取り付けるためのネジ穴があり、一般的な1/4サイズ支持器を取り付けることができます。
三脚や一脚を取り付けて使うこともできるため、腕に負荷がかかりがちな長時間に及ぶ検査や移動が頻繁なシーンなどにお薦めしたい使い方です。

他社製品との機能比較

遠隔アップデートで常に最新の機能を提供

Gリポートは現場でお使いいただく皆様の声を反映しながら、遠隔臨場における体験がより良いものとなるよう、常に機能がアップデートされていきます。
アップデートはスマートフォンの通信回線を使って遠隔で行われるため、常に最新の機能が提供されます。

ソフトウェアアップデート情報をみる

活用シーン

一例として以下のような確認・検査に向いています。

・材料確認
・出来形の確認
・寸法(高さ、長さ、幅、厚さ、数、色、サイズなど)の確認
・外観・雰囲気の確認

専用スマートフォンにアプリをインストールした状態で提供

AndroidスマートフォンはGリポート専用となっており、アプリを立ち上げてから、待機している検査側のPCまで数秒で接続が可能です。
※他のAndroidアプリを立ち上げることはできません。

関連ブログ記事

Gリポートで現場映像の多人数視聴に挑戦【非公式チャレンジ】

今回は最近現場で顕著に導入が進んでいる遠隔臨場ついて、
ちょっとした問題とその(非公式な)解決手段にチャレンジしてみました!
と言う記事になります。

続きを読む

移動時間を価値に変える!現場検査特化型 遠隔臨場システム「Gリポート」

さて、今年に入ってから、i-Constructionの取り組みにおいて、「現場検査のリモート化」が目立った課題に上がったのは皆さんご存知のとおり。

3月には国土交通省からこんな試行要領も公表されました。

この記事を読む

遠隔臨場およびBIM/CIMに対応!Gリポートと 「CIMPHONY Plus」の共同販売を開始しました

国土交通省が推進するBIM/CIMの適用拡大に対し、当社と福井コンピュータ株式会社は、両社の強みを活かしたシナジーを図る製品の共同販売を開始いたします。

この記事を読む

仕様

スマートフォンの仕様

スマートフォンOS Android 9以上
※上記以外は未検証
解像度 QVGA(320×240)、VGA(640×480)、HD(1280×720)、Full HD(1920×1080)
フレームレート 15fps〜30fps
通信プラン 20GB/月台
耐環境性 防水ケース付属

ジンバル本体の仕様

本体 アルミ合金製、非防水
充電時間 約2時間
動作時間 約4時間
スマートフォン適応サイズ W58~80mm
重量 365g(電池除く)

ヘッドセットの仕様

機能 ノイズ低減機能
搭載マイク
充電時間 2時間
動作時間 6時間
通信規格 Bluetooth4.0
重量 8g

よくある質問と回答

  • Gリポートはレンタルが可能ですか?

    はい。
    スマートフォン、ジンバル、充電用アダプター等、利用に必要な機材一式をレンタルでご利用いただけます。
    ※ヘッドセットはオプションとしてご購入いただけます。

  • 一般的なビデオ通話ツールとの違いはなんでしょうか

    Gリポートでは以下の作業などが不要となります。

    ・アプリケーションのインストール
    ・新規MTGルームの作成作業・作成したルームのURL通知作業
    ・通信デバイスの管理

    Gリポートは電源投入後に専用アプリケーションが立ち上がり、初めて使う方でも届いたその日から安心して簡単にご利用いただけます。

  • Gリポートのソフトウェアのみ利用することはできますか

    いいえ。
    Gリポートは国土交通省「遠隔臨場試行要領(案)」に記載されている仕様に基いて設計・開発を行っております。
    解像度やフレームレート等の映像・通信に関するこれらの項目は、利用するハードウェアおよびソフトウェアによって大きく影響を受けます。
    そのためGリポートはこれらの仕様を満足できるよう弊社指定のハードウェアを含めたサービス提供としています。

  • スマートフォンで閲覧や操作は可能ですか?

    Google chromeブラウザを標準搭載しているため、Androidのスマホやタブレットであれば閲覧・操作することが可能です。

  • 閲覧のためのソフトウェアのインストールが必要ですか?

    ソフトは不要です。お客様専用のページからIDとパスワードでログインすることで
    利用できます。
    PC側のブラウザはGooglechromeを推奨し、Microsoft EdgeとFirefox(いずれも最新版)にも対応しています。

  • 録画は可能ですか

    はい、可能です。
    PCの画面から録画ボタンをクリックしてローカルにデータを保存します。

  • Gリポート側には、PC側の人の顔は映りますか?

    はい、表示されます。
    スマホ画面の右下にピクチャインピクチャ形式で表示されますので、PC側の人と接続ができているのかどうかがすぐにわかります。

  • カメラがついていないPCではどのような表示になりますか

    PC側のカメラ表示用の窓の表示はそのままに、グレースケールとして表示されます。

  • 録画したデータはどこに保存されますか?

    クラウド録画を指定しているときはクラウドサーバに、
    ローカル録画をしているときはお使いのPCに保存されます。

  • 録画データの再生にソフトが必要ですか?

    録画データの再生に別途ソフトは不要です。
    クラウドサーバに保存された動画はMP4形式となります。
    ローカル録画として保存されたファイルはChromeブラウザに録画データをドロップすることで、ブラウザ上で再生することができます。
    Windows10であれば標準搭載の動画再生ソフトで再生することもできます。

  • CIMPHONY Plusとの連携ではどんなことができますか

    CIMPHONY Plusから、CIMPHONY Plusのアカウントを使用してシングルサインオンで弊社のGリポートサーバーに接続することが可能です。
    シングルサインオンで接続できることにより、立会システム(TS,GNSSなど)との連携が容易になっています。

続きを読む

遠隔臨場システム「 Gリポート」に関するお問い合わせ

お問い合わせはこちら 資料請求

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-985-368 0120-985-368

[受付時間] 平日9:00〜18:00