ミルモットREC(暗視タイプ)

パソコンやスマートフォン・タブレット等で、離れた場所から現場の様子をいつでも動画で確認できます。動画はあらかじめ設定した画質・頻度で自動的に専用クラウドサーバに保存されます。
赤外線照射機能により夜間の撮影にも対応しており、それでいてソーラー電源でも運用できる省電力性を実現しています。

利用イメージ

通信端末を介して、接続されたカメラの録画データはクラウドサーバに保存されます(保存データは静止画データ×10分単位)ユーザーはクラウドサーバ上で動く管理画面を見ながら撮影履歴を確認したり、保存データをダウンロードすることもできます。

ミルモットREC紹介動画

機能・特徴

特徴1:30日間クラウド録画

録画データはクラウドサーバに保存されます(保存データは静止画データ×10分単位)。既存製品との大きな違いは録画機器が不要となること。そのため、万が一のトラブルでもデータが失われることはありません。また、機器構成がカメラ本体のみとなりますので「消費電力の低減」、「故障リスクの低減」、「可搬性の高さ」を実現しています。

実際の動画管理画面

特徴2:夜間の監視も可能

本カメラは、夜間においてその威力を発揮します。赤外線照射機能を搭載しており、周囲の明るさが一定以下になったことをカメラが検知し、自動で暗視モードに切り替わります。光源が全くない場所においても鮮明な画像を得るには最適なカメラです。

特徴3:ソーラー仕様で簡単設置

AC100V電源を必要とする製品が多い中で、本カメラはソーラーでのご利用も想定しています。(もちろんAC100Vでもご利用可能です)電源を取ることができなくても、カメラに線をつなぎ電源を入れるだけで監視環境が構築されます。バッテリーの状況は発電量と併せてグラフで見ることができますので、取り付け場所が最適な監視環境であるか否かを客観的に判断できることが可能です。

採用事例

仕様

カメラ部仕様

メーカー エコモット(株)
型式 MRM-210A-D
通信方式 LTE/3G(docomo)
電源 DC12V
消費電力 DC12V:770mA/約9.24W
水平画角 102°(W端)~28°(T端)
垂直画角 74°(W端)~21°(T端)
有効画素数 約135万画素
撮像素子 約1/3型MOSセンサー
使用温度範囲 -40~50℃(電源投入時:ー20~50℃)
保護等級 IP66(電源ボックス部のみIP65)
寸法 W95×D334.5×H99(mm) ※1
質量 約3.6kg ※1

ソーラー電源部仕様

メーカー エコモット(株)
機器構成 SBT-1032:バッテリーボックス×1、ソーラーパネル×2
SBT-2034:バッテリーボックス×2、ソーラーパネル×4
発電部定格出力 30W(ソーラーパネル1枚あたり)
発電部最大動作電圧 約17.28V(ソーラーパネル1枚あたり)
発電部最大動作電流 約1.74A(ソーラーパネル1枚あたり)
給電部定格電圧 DC12V(バッテリーボックス1台あたり)
給電部容量 80Ah(20時間率)(バッテリーボックス1台あたり)
使用温度範囲 -10~50℃
使用湿度範囲 85%以下(結露しないこと)
保護等級 IP54
寸法(取付金具除く) ソーラーパネル:W678×D26×H413(mm)
バッテリーボックス:W465×D333×H322(mm)
質量 ソーラーパネル:約3.5kg
バッテリーボックス:約24kg
付属機能 給電タイマー(設定時間内のみ給電可能、節約用)
バッテリー充電器(いずれもバッテリーボックス内に格納)

※1 製造年月により、寸法および質量は表記の内容に比べ多少前後します。

よくある質問と回答

  • カメラレンズが曇ってしまった場合はどうすればいいですか

    寒暖差や高湿度など、環境によってはレンズに曇りが発生してしまう場合があります。
    お手数ですが、レンズまたはハウジングを柔らかい布などで拭いてください。

  • ミルモットRECの優れた点を教えてください

    1枚に映り込む範囲(画角)がミルモットHDと比べると広いため、現場の定点観測にはミルモットRECが最適です。
    また、赤外線照射機能により、夜間の監視にも適しています。

  • ミルモットの画質について教えてください

    VGA(640 x 480)という録画サイズです。

  • 動画閲覧用のソフトは必要ですか

    専用ソフトのインストールは不要です。
    インターネットに接続できる端末(パソコン、タブレット端末など)があれば、ブラウザから見ることができます。

続きを読む