パソコンやスマートフォンなどで、離れた場所から現場の騒音・振動値をいつでも確認できます(最小単位:0.1dB)。
事前に設定した警戒値を超えると、担当者にメールで通知します。パトランプやLED表示板等の警報装置と連動も可能です。
計測データは、単純にデシベル値を出すだけでなく、環境省における環境測定基準として使われる基準での表示・記録がされます。
測定結果はインターネット上で表やグラフの形式で確認でき、CSV形式でダウンロードもできます。

【評価項目】
騒音値(騒音_LAmax 騒音_LAmin 騒音_LA05 騒音_LA10 騒音_LA50 騒音_LA90 騒音_LA95 騒音_LAeq)
振動値(振動_LVmax 振動_LVmin 振動_LV05 振動_LV10 振動_LV50 振動_LV90 振動_LV95 振動_LVeq)

※ カスタマイズ製品

利用イメージ

マイクロフォンおよび振動ピックアップの設置方法

環境省が定める騒音や振動の測定方法に沿った計測を行う上で、機器の設定は出荷段階で調整済みですが、機器の設置場所については現場ごとに調整する必要があります。
騒音計測は通常、マイクロフォン(当器はプリアンプと一体)を敷地境界線付近の地上1.2~1.5mの高さに設置して行います。
また、屋外で正確な計測を行うために、付属の全天候防風スクリーンを取り付けるようにしてください。
振動計測は、測位点の小石や雑草をできる限り取り除き、敷地境界線付近の固い地盤か、道路や縁石等の凹凸のない水平面にピックアップを設置し、風雨の影響がないようにピックアップを丈夫な箱で覆ってください。

機能・特徴

回転灯などの発報機器との連動が可能

管理画面上であらかじめ警戒値を設定しておくことで、異常値を計測した際に回転灯などの発報機器を自動的に作動させることができます。

設置事例

仕様

計測機器(騒音計)の仕様

メーカー リオン(株) (株)小野測器
型式 NL-21 LA-1410
品名 普通騒音計 普通騒音計
型式承認番号 第S-63号 第SLS081号
適合規格 計量法・普通騒音計
JIS C 1509-1:2005 クラス2
IEC61672-1:2002 Class2
計量法・普通騒音計
JIS C 1509-1:2005 クラス2
IEC61672-1:2002 Class2
周波数重み特性 A特性、C特性、FLAT特性 A特性、C特性、Z(FLAT)特性
リニアリティレンジ 100dB 100dB
レベルレンジ 10dBステップ6段階(基準:30~120dB) 10dBステップ6段階(ノーマルレンジ)
測定周波数範囲 20~8000Hz 20~8000Hz
使用温度範囲 -10~50℃ -10~50℃
使用湿度範囲 10~90%RH(結露しないこと) 25~90%RH(結露しないこと)
寸法 約W76×D33×H260(mm) 約W78×D47×H263(mm)
質量 約300g 約285g

計測機器(振動計)の仕様

メーカー リオン(株) IMV(株)
型式 VM-53A VM-1220E
品名 振動レベル計 振動レベル計
型式承認番号 第W-031号 第W033号
適合規格 計量法・振動レベル計
JIS C 1510:1995
計量法・振動レベル計
JIS C 1510:1995
周波数補正 鉛直振動特性(計量法およびJISによる)
水平振動特性(JISによる)
FLAT特性(JISによる)
-
測定レベル範囲(dB) 振動レベル:Lv-Z=25~120、Lv-X/Y=30~120
振動加速度レベル:30~120(0dB=10-5m/s2)
-
レベルレンジ - 20dBステップ2段切り替え
30~90dB 50~110dB
使用温度範囲 -10~50℃ -10~50℃
使用湿度範囲 90%RH以下(結露しないこと) 30~90%RH以下(結露しないこと)
寸法 本体部:約W200×D175×H56(mm)
振動ピックアップ部:約φ67×H40.7(mm)
本体部:約W85×D48×H220(mm)
ピックアップ部:φ70×H46(mm)
質量 本体部:約1kg
振動ピックアップ部:約335g
本体部:約305g
ピックアップ部:約515g(ケーブル含む)
ピックアップ 3方向振動ピックアップ PV-83C
防水性:JIS C 0920保護等級7(防浸形)
加速度ピックアップ VP-1220E
ピックアップ出力ケーブル(3m) BC-0233-3

※ 騒音計・振動計の選定は、お客様のご利用方法や在庫状況に応じて、弊社にて行います。あらかじめご了承ください。
※ なお、計測機器の違いによるシステムとしての機能の差異はございません。

よくある質問と回答

  • 「振動・騒音」と「風向・風速」の計4項目を同時に接続可能ですか

    振動・騒音と風向・風速の測定方法は根本的に異なるため、上記組み合わせでの接続対応はできません。
    L5,L10を算出するための演算と、10分平均で算出する演算の方法がそれぞれ異なることから、ロガー1台では対応できない仕様となっております。

  • 1人で設置することはできますか

    基本的にすべての製品をお一人で設置可能※ですが、安全性の観点から2人以上で設置いただくことを推奨しております。

    ※設置に高さが必要となる風向風速計は除く

  • 1台のロガーに複数の計測器をつけることはできますか

    はい、最大3台(3項目)まで取り付けが可能です。

    例:風向風速計の場合「風向」と「風速」は2項目
    ※クラウドロガーは最大4chまで接続可能ですが、1chはバッテリー電圧監視用途として固定

  • クラウドロガーを格納する制御盤のサイズと重量を教えてください

    大きさはW40㎝×D20㎝×H50㎝程度で、重さは取付金具含めて約9㎏となります。

  • モバイル通信圏外でロガー内部にデータを保存できますか

    いいえ。残念ながらロガー内部にはデータ蓄積はできません。
    収集したデータの蓄積はクラウドサーバとなります。

  • モバイル通信圏外で利用したいのですが

    キャリアの通信圏外でのご利用は、衛星通信での対応が基本となりますが、衛星通信をご利用の場合、AC100V電源が必要となります。

    トンネル内など、場所によっては通信ケーブルを延長することで対応できる場合があります。
    お問い合わせください。

  • 特定キャリアの通信しか使えない場所で利用可能ですか

    機器によって対応するネットワークキャリアが異なる場合があるためご注意ください。

    通常のクラウドロガーはauの通信サービスエリア内でご利用いただくこととなりますが、
    同じくクラウドロガーを搭載したサインロイド2はDoCoMoの通信サービスエリアでご利用いただくことが可能です。
    警報出力のみでしたら圏外エリアにおいてもサインロイド2で対応可能です。

    ソフトバンクの通信は非対応となります。

続きを読む