よくある質問

  • 中継機を利用して通信距離を延長することはできますか おんどロイド

    中継機を用いた延伸は運用上推奨しておりません。

  • 収集したデータの編集はできますか おんどロイド

    収集したデータは編集することができません。
    詳細は別途お問合せください。

  • 熱電対ケーブルの最大長を教えてください おんどロイド

    通常は20〜30m程度までをご案内しています。

    当社取り扱い製品に限り、理論上は300m程度まで伸ばして使うことができますが、
    ケーブルそのものの重量で断線してしまったり、処置に手間がかかる場合が多く、
    推奨しておりません。

    ※販売時は100m単位でのご購入となります

  • おんどロイド子機の電池寿命はどのくらいですか おんどロイド

    10分に1回のデータ取得であれば、概ね2~3か月程度が電池交換の目安となります。
    ※設置環境の気温やデータ取得頻度により変わります。

  • 親機と子機の通信距離を教えてください おんどロイド

    80m程度を推奨しています。

    現場は遮蔽物があったり、設置場所の高低差が生じます。
    そのため機器の仕様上は最大150mとなっていますが、
    その半分程度の距離までを推奨しております。

  • 1台のおんどロイド親機に子機は何台まで接続できますか おんどロイド

    子機の接続可能台数は、計測するデータによって変わります。

    例えば温度計の場合は、おおよそ10データ項目程度までとなります。
    温度計は1台につき1データ項目、温湿度計は1台で2データ項目を消費します。
    詳細は別途ご相談ください。

  • 自社で保有するおんどとりをおんどロイドとして利用できますか おんどロイド

    設置後のアフターサービス、システムの一貫性保持の観点からお断りしております。

  • モバイル通信圏外でロガー内部にデータを保存できますか

    いいえ。残念ながらロガー内部にはデータ蓄積はできません。
    収集したデータの蓄積はクラウドサーバとなります。

  • モバイル通信圏外で利用したいのですが

    キャリアの通信圏外でのご利用は、衛星通信での対応が基本となりますが、衛星通信をご利用の場合、AC100V電源が必要となります。

    トンネル内など、場所によっては通信ケーブルを延長することで対応できる場合があります。
    お問い合わせください。

  • 「振動・騒音」と「風向・風速」の計4項目を同時に接続可能ですか

    振動・騒音と風向・風速の測定方法は根本的に異なるため、上記組み合わせでの接続対応はできません。
    L5,L10を算出するための演算と、10分平均で算出する演算の方法がそれぞれ異なることから、ロガー1台では対応できない仕様となっております。

  • 1台のロガーに複数の計測器をつけることはできますか

    はい、最大3台(3項目)まで取り付けが可能です。

    例:風向風速計の場合「風向」と「風速」は2項目
    ※クラウドロガーは最大4chまで接続可能ですが、1chはバッテリー電圧監視用途として固定

  • 1人で設置することはできますか

    基本的にすべての製品をお一人で設置可能※ですが、安全性の観点から2人以上で設置いただくことを推奨しております。

    ※設置に高さが必要となる風向風速計は除く

  • クラウドロガーを格納する制御盤のサイズと重量を教えてください

    大きさはW40㎝×D20㎝×H50㎝程度で、重さは取付金具含めて約9㎏となります。

  • 特定キャリアの通信しか使えない場所で利用可能ですか

    機器によって対応するネットワークキャリアが異なる場合があるためご注意ください。

    通常のクラウドロガーはauの通信サービスエリア内でご利用いただくこととなりますが、
    同じくクラウドロガーを搭載したサインロイド2はDoCoMoの通信サービスエリアでご利用いただくことが可能です。
    警報出力のみでしたら圏外エリアにおいてもサインロイド2で対応可能です。

    ソフトバンクの通信は非対応となります。

  • 水位計のケーブル長を教えてください

    30mです。

  • 風向風速計(または風速計)のケーブル長を教えてください

    10mです。