風速予測(サインロイド2)

サインロイド2(風速予測)は、現地の風速データと気象データをAIで解析することにより、設置エリアにおけるピンポイントの風速を高い精度で予測することができます。
LED表示板には実測風速と1時間後の予測風速が表示がされ、風速の変化を予め認識できることで、作業中止・継続の判断が現場単位で可能となります。

利用イメージ

システム概要図

10分周期で現地計測データをサーバへ送信。30分周期で気象予測APIサーバーから予報データを取得し、1時間後の予想数値を表示。

機能・特徴

ピンポイント予測機能について

機器設置場所の緯度と経度、高度(10m単位)を設定することで、地表面の摩擦や地形を考慮した現地の風速予測が可能です。

予測した風速の表示

サインロイド2は、1時間後の予測風速を表示します。予測値は10分おき(簡易予測は30分毎)に自動更新され、常に最新の予測値が表示されます。
風向(実測値のみ)の表示も可能であり、必要に応じて予測風速または現在風向のいずれかを選ぶことができます。
本体に表示される予測値は、あくまで1時間後の値ですが、ウェブアプリケーション上では、最大6時間後までの予測値が表示されています。
現場で表示されている値と全く同じ情報を、パソコンやモバイル端末などで、いつでも・どこからでも確認することができます。

予測アラート機能

サインロイド2では、実測値に対してだけでなく、AIが予測した値に対してもアラート(メール配信や警報器の作動など)を設定・発報することができます。
例えば、「1時間後の風速が、10分平均で10mを超えると予測された時点でアラートを発する」といった使い方が可能となり、現場の地理的環境や危険度に合わせた管理が可能となります。

現場内で気象予測データを複数同時表示

現場内に設置した2台のサインロイド2を連携し、観測地の気象予測データを同時に2箇所で表示することが可能な「ミラーリング表示機能」を搭載しています。面積の大きな現場などで警戒の必要がある作業員の方が散在している場合などにご活用いただけます。
※標準機能として2台の複数同時表示に対応しております。3台以上での表示は別途ご相談ください。

危険の予兆を現場が認識できるように

従来天候の変化による作業中止の判断基準は、現地での現在値確認、もしくは管理者からの指示・連絡によるものでした。
サインロイド2を活用することで、実測値と予測値が同時に確認できるとともに、PC上では約6時間先までの予測値が確認できることから、危険をいち早く認識し対応することが可能となりますす。

作業工程の見通しをより確実に

風の影響は、常に危険が伴う現場にとって重要な指標の一つであり、精度の高い予測値は、管理者が見通す作業工程をより確実なものとします。
本システムが予測する風速は、民間気象会社に所属する専任の気象予報士が、局地的な地形などを考慮、修正したデータを元に計算しています。
独自開発された手法により、通常の天気予報では測りえないピンポイント予測が可能となり、正確かつきめ細かな予測値を計算、表示することを実現しました。
これにより、例えばクレーンなどの重機の転倒対策や台風・爆弾低気圧接近時の編成における意思決定に有効です。
また、突然の天候変化により発生する、作業員の手待ちロスや重機の手配ミスなど、現場における機会損失低減においても威力を発揮します。

採用事例

関連ブログ記事

サインロイド2 ミラーリング機能で 気象予測データを同じ現場内に共有!

風速をはじめとした気象予測は特に高所作業の際の事前警戒などに大きな威力を発揮してくれる便利なものですが、
実際には警戒してもらいたい作業員の方が観測地から離れた場所にいる、、、なんてシーンも多々存在します。

そんなシーンに対応するべく、サインロイド2は下記のような「ミラーリング表示機能」を搭載しています。

この記事を読む

AIが現場の天候を先読み!「サインロイド2」

本日はサインロイド2(風速予測パッケージ)のご紹介です。

高所作業時に注意すること。その一つに「風速」が挙げられます。
安全面の配慮から、10m/s以上の風速になると工事をいったん停止しなければいけません。

この記事を読む

AIで風速を予測して、強風による工事の遅延を最小限 に!

ご利用いただいたことがあるかもしれませんが、「サインロイド2」は水位・雨量・降水 確率・風速などといった気象計測データをはじめ、騒音・振動・濁度・pH・伸縮・傾斜 などの各種アナログ計測データの表示にも対応した汎用LED表示板です。

しかし!
「サインロイド2」は計測データを表示するだけの、 ただのLED表示板ではありません。

この記事を読む

サインロイド2(風速)が新しくNETISに登録されました

サインロイド2(風速)が、新たにNETIS登録番号「KT-200132-A」を取得いたしました。
「建設現場の風速について、クラウドシステムを利用したIoT、AIの活用により、局所的に最大6時間後の風速予測をする技術」として、従来のNETIS登録番号とは異なるAI予測技術としての登録となります。

続きを読む

仕様

風速予測(サインロイド2)の仕様

メーカー エコモット(株)
型式 SIL-30C
入力 アナログ(0~5V)×3
パルス入力×1
回転灯 2台設置可能
通信方式 LTE(KDDI/docomo)
電源電圧 DC12V
消費電力:約7VA
表示部2段 最大940cd
使用温度範囲 -10~50℃(結露しないこと)
寸法 W430×D130×H340(mm)
質量 約7kg

よくある質問と回答

  • 1人で設置することはできますか

    基本的にすべての製品をお一人で設置可能※ですが、安全性の観点から2人以上で設置いただくことを推奨しております。

    ※設置に高さが必要となる風向風速計は除く

  • モバイル通信圏外でロガー内部にデータを保存できますか

    いいえ。残念ながらロガー内部にはデータ蓄積はできません。
    収集したデータの蓄積はクラウドサーバとなります。

  • モバイル通信圏外で利用したいのですが

    キャリアの通信圏外でのご利用は、衛星通信での対応が基本となりますが、衛星通信をご利用の場合、AC100V電源が必要となります。

    トンネル内など、場所によっては通信ケーブルを延長することで対応できる場合があります。
    お問い合わせください。

  • 特定キャリアの通信しか使えない場所で利用可能ですか

    機器によって対応するネットワークキャリアが異なる場合があるためご注意ください。

    通常のクラウドロガーはauの通信サービスエリア内でご利用いただくこととなりますが、
    同じくクラウドロガーを搭載したサインロイド2はDoCoMoの通信サービスエリアでご利用いただくことが可能です。
    警報出力のみでしたら圏外エリアにおいてもサインロイド2で対応可能です。

  • サインロイド2の連続稼働時間はどの程度ですか?

    24時間365日運用が可能です。

  • サインロイド2の防水性・防塵性はどの程度ですか

    防水仕様ですが、保護等級(IPXXなど)は取得しておりません。

  • 定期的な再起動は必要ですか?

    定期的な再起動は不要です。

  • 現在も予測も平均風速での表示は可能でしょうか。

    はい、以下のどちらかの組み合わせで表示可能です。

    ・上段LED:1秒毎更新の瞬間風速
    ・下段LED:1時間後の10分平均風速

     または

    ・上段LED:1分毎更新の過去10分平均風速
    ・下段LED:1時間後の10分平均風速

  • 粉塵計は指定と違う機器でもクラウドロガーに接続可能ですか

    計測値が電圧(0~5V) or 電流(4~20mA)で出力可能な機器であれば接続可能です。

  • 粉塵計測の対象はバックホウによる土工作業を想定しています。設置場所は屋外となりますが問題ありませんか。

    弊社の粉塵計収納ボックスを使用していただく場合、屋外でも問題ありません。

  • 風速予測は30分後の予測も可能でしょうか。

    現在から5時間30分先(10分毎)の予測はサーバ側に記録されているため管理画面上では30分後の予測が参照可能です。
    LED表示板は30分後の表示には対応しておりません。

  • 騒音・振動のケーブルの接続はどのようになっていますか?

    サインロイド2右側の穴から本体内部のBNCケーブルに繋がっています。
    騒音振動はケーブルを2本使いお客様は騒音・振動ボックス側に繋げて設置します。
    ※出荷する時はケーブルをつなげた状態で出荷しています。

  • 騒音・振動と風向・風速は両方同時に計測できますか?

    ご相談いただければ、機器側のカスタマイズにて対応可能です。

続きを読む

風速予測(サインロイド2)に関するお問い合わせ

お問い合わせはこちら 資料ダウンロードはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-985-368 0120-985-368

[受付時間] 平日9:00〜18:00