AI

人工知能により解析された学習データに基づき、
より高度な計測や予測が可能

AI BOX(SCAI Watcher)

現場で撮影した画像を基に機械学習によって最適化したAIアルゴリズムを用いて、カメラ映像内にいる人物を判別し、運転席に設置したモニターへの表示および音による注意喚起を行います。すでに稼働中のクレーンにも対応できます。イーサネット、BNC、HDMIなどの入出力ポートを実装し、電源部も12~24Vに対応しています。これによりラフター・クローラークレーンなどの種類を問わず、既設のクレーンカメラ(デジタル・アナログ両対応)に取り付けが可能です。

エッジAIカメラ「MRM-900」

カメラ本体に搭載されたエッジAI画像解析機能を用いて、目視による状況認識や異常検知等を代行することで、現場の省人化や生産性向上をサポートします。事前に認識させたい対象をディープラーニングにより学習することで、最適化された機械学習モデルを構築し、さまざまな被写体を同時に認識することができるようになります。