資料請求

データ表示

サインロイド2

環境データ計測システムを構成するクラウドロガー(NETIS登録番号:HK-100029-VE)を内蔵し、風速・雨量・水位などといった気象計測データをはじめ、騒音・振動・濁度・pH・伸縮・傾斜などといったアナログ計測データの表示にも対応した汎用LED表示板です。
気象予測オプション機能をお申し込みいただくことで、各種気象データの現地計測値とともに、人工知能(AI)技術で補正された気象予測値を表示することができます。
実測値、気象予測値はともにクラウドサーバー上で記録・保存され、リストやグラフ形式で値の推移を確認することができます。
気象予測値のグラフの推移等から、数時間後に迫る天候悪化を容易に類推することができるため、作業工程の見直しや予定の組み換え等をスムーズに行うことが可能になります。

資料請求

お見積もり相談

利用イメージ

サインロイド2を現地に設置することにより、クラウドロガーの機能である環境データの計測・記録だけではなく、リアルタイム表示することで、作業員に対して強風や豪雨、熱中症などの注意喚起を行うことができます。 また、オプションで外部気象観測データと連動し、予測値を同時に表示することで、現場の作業員が実測値と予測値を把握した上で作業中止・継続の判断が可能となり、安全性の向上を図ることができます。

クラウドロガー内蔵であらゆる環境データを計測



クラウドロガーを内蔵しており、NETIS登録番号を引き継いだまま、サインロイド2をご利用できます。
サービス開始から現在まで、様々なフィールドでクラウドロガーを設置しており、そこで培った環境データの計測ノウハウと外部気象観測データやAIを組み合わせることで、通常の天気予報に比べ、精度の高い気象予測データの算出や事前災害対策を実現しました。

サインロイド2を用いた風速AI予測



サインロイド2における予測風速は、緯度・経度・高度などの情報を解析することで、現場のピンポイント予測を可能としています。機器には、実測風速と1時間後の予測風速が表示がされるとともに、クラウド上には約6時間後までの予測風速がアップロードされるため、風の変化をいち早く読めることで、作業中止・継続の判断が現場単位で可能となります。

また、強風に対するアラート警報においては、実測風速に設定可能であることはもとより、予測風速に対しても設定可能です。

サインロイド2を用いた熱中症対策



計測データから算出する暑さ指数(WBGT)の実測値と、民間気象会社から配信される1時間後の暑さ指数(WBGT)予測値を同時にLED表示板に投影し、警戒値を超えた際にパトランプ等で周囲にアラートを出すことができます。作業中に能動的に暑さ指数(WBGT)を確認する必要がなく、作業の妨げになりません。

暑さ指数(WBGT)予測値の表示に対応したことで、熱中症の危険性が高まる前の段階で、現場作業員に適度な休憩と水分・塩分補給を促すことができることから、熱中症のリスクを低減した安全な就労環境の提供が可能となります。


仕様

サインロイド2の仕様

メーカー エコモット(株)
型式 SIL-30C
入力 アナログ(0~5V)×3
回転灯 1台設置可能
通信方式 通信仕様 LTE(KDDI) (出荷時にLTE(docomo)も可能)
電源電圧 DC12V
消費電力:約7VA
使用温度範囲 -10~50℃(結露しないこと)
寸法 W430×D130×H340(mm)
質量 約7kg